新規登録 ログイン

24_80 生物基礎:生物の体内環境の維持 / 生物基礎:自律神経とホルモン

生物基礎 交感神経系と副交感神経系の主な作用とその違い

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

前回のテキストでは、自律神経の働きについて説明し、その自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成ことを述べました。今回はその続きです。両神経の役割について説明していきましょう。

交感神経系と副交感神経系の役割


瞳孔鼓動血圧呼吸消化液の分泌
交感神経系ひらく速くする上げる速くする抑える
副交感神経系とじる抑える下げる抑える多く出す


上記に挙げたのは、交感神経系と副交感神経系の主な役割です。(他にもまだまだあります)
簡単に述べると、交感神経系は、気が立っている・興奮状態にあるときに働き、副交感神経系は、気を落ち着かせ・休息を取るときに働くということです。

両神経が働くときにホルモンが分泌されるのですが、交換副神経が働くとアドレナリン(ノルエピネフリン)が、副交感神経が働くとアセチルコリンが分泌をされます。
Tunagari_title
・生物基礎 交感神経系と副交感神経系の主な作用とその違い

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『チャート式 新生物Ⅰ』数研出版
『理解しやすい生物ⅠB・Ⅱ』文英堂
教科書 生物Ⅰ』第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 30,809 pt 
 役に立った数 24 pt 
 う〜ん数 10 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。