新規登録 ログイン

24_80 生物基礎:生物の体内環境の維持 / 生物基礎:自律神経とホルモン

自律神経の作用と役割

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
自律神経の役割

人は、緊張したりテンションが上がると、心臓をうつ回数や呼吸が速くなります。一方で気分が落ち着くとこれらの運動は収まります。
これらの運動は、自分の意思とは関係なく、体が勝手に行なっているものです。
このような運動をつかさどっている神経を自律神経系と言います。

自律神経系は2種類の神経系からなる

自律神経は、脳や脊髄に生じた興奮を、自動的に筋肉や分泌腺に働きかけるようにできていて、交感神経系副交感神経系とからなります。

これらの神経系はどちらも間脳の視床下部に中枢があります。
ALT

交感神経系と副交感神経系の両親系は、各期間の働きを促進、もしくは抑制するように働きます。この働きについては次のテキストで説明しましょう。
Tunagari_title
・自律神経の作用と役割

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『理解しやすい生物ⅠB・Ⅱ』文英堂
『チャート式 新生物Ⅰ』数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 12,040 pt 
 役に立った数 9 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。