新規登録 ログイン

24_80 生物基礎:生物の体内環境の維持 / 生物基礎:体液の性質

生物基礎 体液とその役割~リンパ液~

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
前回のおさらい

前回、前々回と2回にわたって、体液の種類(血液組織液、リンパ液)とその役割について述べてきました。今回はその最終回、リンパ液についてです。

リンパ液

リンパ液とは、リンパ管を流れる体液のことです。もともとは血しょうから生じた組織液がリンパ管の中に取り込まれた液体で、それらの成分は非常に似ています。

リンパ管とは血液に沿って走っている管のことですが、このリンパ管を通るリンパ液には次の役割があります。

リンパ液の役割

免疫

リンパ管の中には、リンパ節と呼ばれる関所みたいなものがいくつもあります。
このリンパ節にはリンパ液が体内から集めてきた最近や病原体が集まり、ここで除去をされるわけです。はやりのリンパマッサージとは、このリンパ節の流れをよくしてあげることなんですね。

このリンパ節に病原体が集まると、リンパ節は肥大します。(腫れます)。風邪などで首元が腫れるのはこのためです。(首元にもリンパ節があるため)。
ちなみにがん細胞もこのリンパ液にのって広がるので、リンパ節を調べることで、どこまでがん細胞が広がっているのかを知ることができます。

トリビア

無脊椎動物にはリンパ管がないので、血管から出てきた体液はすべて組織液になります。

まとめ

以上3回にわたってみてきた体液でしたが、理解できたでしょうか?
自分たちの知らないところで、体は毎日せっせと働いてくれています。その働きを勉強していくのも生物を学習する1つの醍醐味と言えるのではないでしょうか。
Tunagari_title
・生物基礎 体液とその役割~リンパ液~

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『チャート式 新生物Ⅰ』数研出版
『教科書 生物Ⅰ』第一学習社
『理解しやすい生物ⅠB・Ⅱ』文英堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 24,972 pt 
 役に立った数 15 pt 
 う〜ん数 6 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!