新規登録 ログイン

25_80 物理基礎:物体の運動とエネルギー / 物理基礎:エネルギー(運動・位置・力学的)

物理基礎 ジュールとは

著者名: 藤山不二雄
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

ここでは物理における仕事の定義を明らかにしたあと、その仕事の単位であるジュールについて説明をしていきます。

仕事の定義

とある物体にFという力を加えたときに、この物体が力を加えた向きと同じ方向にx移動するとします。このとき、加えた力Fと移動距離xの積を、この力が物体にした仕事と言い、で表します。

つまり、『W=Fx』 ということですね。

ちなみに物体にFの力を加えても全く動かないとき、力は仕事をしていないと言います。(結果がでないと仕事をしたとは認められないわけですね。)

ジュールの登場

さてこの仕事Wですが、J(ジュール)という単位を用いて表します。1Nの力が働いて物体が力を加えた向きに1m動く時、この力のした仕事を1Jと定めています。
1J=1N×1m


例えば、物体に10Nの力を加えてその向きに2m物体を動かすときは、
10N×2m=20Jの力が必要になるということですね。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 物理Ⅰ』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 11,940 pt 
 役に立った数 8 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。