新規登録 ログイン

4_80 古代までの日本 / 弥生時代・古墳時代

邪馬台国と卑弥呼

著者名: 早稲男
Text_level_1
マイリストに追加
邪馬台国と卑弥呼

3世紀になると、中国では魏・呉・蜀という3つの国が勢力を持っていました。その中の魏の歴史を記した魏志倭人伝の中に、日本には邪馬台国という国があり、そこの女王が卑弥呼であるということが記されていました。

卑弥呼はシャーマン的な役割を果たし国を治めていたと考えられています。
魏の王に使者を送って、魏の国王から「親魏倭王」と書かれた金印をもらったということも魏志倭人伝には書かれています。

ちなみに、邪馬台国が台頭する以前にも、中国に使者を送っていた国はあったようで、福岡県志賀島から「漢倭奴国王」とほられた金印が出土しています。
そのときの中国は後漢が治めていて、当時の後漢書東夷伝に、東の国から使者がきたということが書かれています。


この邪馬台国ですが、九州北部にあったとする説と奈良県にあったとする説があり、未だに結論は出ていません。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
山川出版 『日本史 用語集』 

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 11,125 pt 
 役に立った数 13 pt 
 う〜ん数 6 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。