新規登録 ログイン

4_80 中世の日本 / 南北朝時代・室町時代

金閣寺と銀閣寺 それぞれの特徴と違い

著者名: 早稲男
Text_level_1
マイリストに追加
金閣寺と銀閣寺

室町時代には、京都を代表する2つの建築物が建立されました。
金閣寺銀閣寺です。正確には金閣寺は鹿苑寺(ろくおんじ)、銀閣寺は慈照寺(じしょうじ)と言います。

鹿苑寺
ALT

金閣の特徴は、なんといっても金箔で塗られたそのたたずまいでしょう。
建てられたのは3代将軍足利義満の時代です。(1950年に焼けてしまったので、現存しているものは1955年に新しく建てられたものです)。公家の文化と武士の文化に加え、日明貿易で入ってきた大陸の文化が融合した北山文化を代表する建造物です。


慈照寺
ALT

一方で銀閣ですが、金閣にくらべてえらい地味な感じがしますね。
銀閣が建てられたのは8代将軍足利義政の時代です。
この時代には、簡素で気品のある文化が流行していました。このころの文化のことを東山文化と言います。
銀閣の1階部分は書院造といって、現代日本家屋の基本の形となる造りをしています。


Related_title


Keyword_title

Reference_title
『日本史 用語集』 山川出版 
『教科書 新しい社会歴史』 東京書籍 

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 143,073 pt 
 役に立った数 277 pt 
 う〜ん数 80 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。