新規登録 ログイン

4_80 中世の日本 / 南北朝時代・室町時代

勘合貿易(日明貿易)で勘合が使われた理由

著者名: 早稲男
Text_level_1
マイリストに追加
勘合貿易

室町幕府の3代将軍足利義満の頃、中国では明(みん)が勢力を伸ばしていました。義満は明との貿易、すなわち日明貿易をおこなっていました。

この頃、日本と明とを結ぶ海域には倭寇(わこう)と呼ばれる海賊が存在していました。貿易船を狙った海賊です。
倭寇と貿易船とを区別するために、勘合と呼ばれる札を用いました。


勘合を2つに切って、日本の組合と明の組合がお互いに半分ずづ持ち合います。貿易をするときには、この札を併せてきちんと1枚の札になれば貿易を認めるとしたのです。

勘合と呼ばれる札を用いたので日明貿易は、勘合貿易とも呼ばれています。ちなみに、勘合貿易は日本が明に朝貢するという形の朝貢貿易(ちょうこうぼうえき)であったことも併せて覚えておきましょう。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
浜島書店 『新詳日本史図説』

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 31,149 pt 
 役に立った数 46 pt 
 う〜ん数 13 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。