新規登録 ログイン

4_80 近世の日本 / 戦国時代・安土桃山時代

桶狭間の戦いと長篠合戦

著者名: 早稲男
Text_level_1
マイリストに追加
桶狭間の戦いと長篠合戦

織田信長の戦った戦の中で、よくとりあげられるものが2つあります。
桶狭間の戦い長篠の戦いです。
桶狭間の戦い

1560年に、尾張の弱小大名でしかなかった信長が、駿河(いまの静岡)の今川義元を倒し、世の中に織田信長の名前を知らしめた戦いです。
長篠合戦

1575年に、織田信長と徳川家康の連合軍が、武田勝頼を倒した戦いです。武田勝頼は武田信玄の子供で、武田氏の騎馬隊と言えば、当時負け知らずの最強の軍隊でした。
しかし信長は、鉄砲を戦いに導入することで、武田の騎馬隊を破ります。当時の鉄砲は、弾をこめてから打つま非常に時間がかかり、あまり戦にはむいていないとされていましたが、これを見事な作戦でカバーしたのです。
初めて戦で鉄砲が活躍した戦いと覚えておきましょう。
長篠合戦
ALT

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 新しい社会歴史』 東京書籍 

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 14,530 pt 
 役に立った数 30 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。