新規登録 ログイン

4_80 近現代の日本と世界 / 殖産興業・富国強兵・国民生活の変化

明治大正の文学作品

著者名: 早稲男
Text_level_1
マイリストに追加
明治大正の文学作品

明治に入り、文学作品にも変化が現れるようになります。
それまでの文学というものは、少なからず宗教の影響であったり昔の言葉遣い(文語表現)を含んでいるものが多かったのですが、この時期からは、自分の見たもの聞いたもの感じたものをそのまま文章に表現する作家が登場してきました。
日清戦争の前後には、ロマン主義と呼ばれる流派が主流でした。

名前作品名
森鴎外舞姫
樋口一葉たけくらべ
与謝野晶子みだれ髪


日清戦争の前後には、自然主義と呼ばれる流派に移行していきます。

名前作品
永井荷風地獄の花
島崎藤村破壊


自然主義ののちに、反自然主義という流れがでてきます。

名前作品
夏目漱石坊ちゃん
森鴎外高瀬舟



Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 新しい社会歴史』 東京書籍 

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 6,397 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。