新規登録 ログイン

13_80 場合の数と確率 / 確率

確率の定義

著者名: OKボーイ
Text_level_1
マイリストに追加
確率の定義

すべての事象Uの要素の個数をn(U)、Uの中にある特定の事象Aの要素の個数をn(A)とします。
Uのどの事象も同様に確からしいとき、事象Aの起こる確率P(A)は

で表すことができます。
同様に確からしいとは、すべての事象が同じ確率で起こりえるということでしたね。

サイコロの目

確率の問題でよく使われるのがサイコロです。

サイコロの目は6つですので、n(U)=6となります。
このサイコロの目の中で偶数の目である事象をAとすると、Aに当てはまるのは
A=2、4、6の3つですので、n(A)=3となります。

よってサイコロを1回ふってその目が偶数となる確率P(A)は
  となりますね。

これは、サイコロの目がすべて同じ確率で出るから可能な計算方法です。


例えば、サイコロの目のうち偶数の目が奇数の目よりも出やすい細工をしてあるといった場合、この計算で確率を求めることはできません。しかし、現段階でそこまで気にする必要はないでしょう。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 数学A』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 9,480 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 34 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。