新規登録 ログイン

18_80 ヨーロッパ世界の形成と変動 / 西ヨーロッパの中世文化

中世の建築様式 ~ビザンツ、ロマネスク、ゴシック~

著者名: エンリケ航海王子
Text_level_3
マイリストに追加
はじめに


ALT

(ケルン大聖堂)

世界史の問題によく出る中世ヨーロッパの建築様式をまとめてみました。

様式時期特徴代表的建築物
ビザンツ様式4~8世紀円屋根、モザイク壁画聖ソフィア聖堂(コンスタンティノープル)、サン=ヴィターレ聖堂(ラヴェンナ)、サン=マルコ聖堂(ヴェネツィア)
ロマネスク様式11~12世紀半円形アーチ、石造天井ピサ大聖堂(イタリア)、ヴォルムス大聖堂(ドイツ)、クリュニー修道院(フランス)
ゴシック様式12世紀末~14世紀尖塔アーチ、ステンドグラスノートルダム大聖堂(フランス、パリ)、アミアン大聖堂(北フランス)、ケルン大聖堂(ドイツ)


おわりに

建築様式は、どの時代にどの地域でどのような方法が用いられたかを把握する必要があります。頑張って覚えましょう!
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『世界史B 用語集』 山川出版社
『詳説世界史研究』 山川出版社
『教科書 世界史B』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 18,210 pt 
 役に立った数 7 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 26 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。