新規登録 ログイン

14_80 円 / 不等式の表す領域

連立不等式の領域

著者名: OKボーイ
Text_level_1
マイリストに追加
連立不等式の領域

連立不等式の領域について考えてみましょう。
理解をしやすくするために、簡単な例でまずは説明しましょう。
例えば、x<4と-1<x という2つの不等式があるとします。
このxの範囲はどのように図示できたでしょうか?

xの範囲は、次のように図示できたはずです。
ALT


このイメージを持っておいてくださいね。

では本題にうつります。



この2つの連立不等式を満たす領域を図示してみましょう。
先ほどの例では、x>4 と -1<x の 2つ不等式をそれぞれ図示し、互いの領域がかぶったところが求めるべき領域だとしましたね。
同じように考えます。
ALT


 と 
2つの不等式が示す領域でかぶったところがこの連立不等式を満たす領域になります。図では格子部分になりますね。

境界線は、直線は含み、円周および直線と円の交点は含みません。
境界線についても忘れないようにしましょう。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 数学Ⅱ』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 14,352 pt 
 役に立った数 3 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 31 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。