新規登録 ログイン

18_80 ヨーロッパの拡大と大西洋世界 / 宗教改革

宗教改革1 ~ルターによる宗教改革はなぜ起こったのか~

著者名: エンリケ航海王子
Text_level_2
マイリストに追加

ルターの登場

マルティン=ルターは厳しい戒律で知られるアウグスティヌス修道会で神学を学んだ、ヴィッテンベルク大学の神学教授でした。

ALT


(ルター像 ルーカス=クラナッハ画)

ドイツでは、16世紀初めからローマ・カトリック総本山のサン=ピエトロ大聖堂の建築費を賄うために、教皇の許可を得た大商人フッガー家によって贖宥状(免罪符)の販売が行われていました。

ALT


(サン=ピエトロ大聖堂)

贖宥状(免罪符)とは、購入すれば罪が許されるとしたカトリック教会公認の証明書のことです。


厳格な信仰を学んだルターは、カトリックの腐敗に怒りを抱きます。

1517年、ルターはヴィッテンベルク城内の教会に九十五ヶ条の論題を貼付け、贖宥状販売を徹底的に批判します。

ALT


(ヴィッテンベルク教会の九十五ヶ条の論題)

ルターは、この論題で贖宥状の救済の根拠はなく、信者は信仰によってのみ救われると主張したのです。

この主張は印刷されドイツ各地に広がり、大きな反響を呼びます。

ただし、この時ルターは、カトリックそのものを否定してはいませんでした。純粋に神学上の意見を述べていたのです。
1ページへ戻る
前のページを読む
2/4
次のページを読む

Tunagari_title
・宗教改革1 ~ルターによる宗教改革はなぜ起こったのか~

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 世界史B』 山川出版社
『詳説世界史研究』 山川出版社
『世界史B 用語集』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 159,336 pt 
 役に立った数 226 pt 
 う〜ん数 31 pt 
 マイリスト数 14 pt 

知りたいことを検索!

まとめ