新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

伊勢物語『あひ思はで離れぬる人をとどめかねわが身は今ぞ消え果てぬめる』現代語訳・解説と品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

このテキストでは、伊勢物語の24段『梓弓』に収録されている歌「あひ思はで離れぬる人をとどめかねわが身は今ぞ消え果てぬめる」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。

原文

あひ思は離れぬる人をとどめかねわが身は今(※1)ぞ消え果てぬめる

ひらがなでの読み方

あひおもはで かれぬるひとを とどめかね わがみはいまぞ きえはてぬめる

現代語訳

(私はあなたのことを思っているのに)互いに思いが通わずに離れてしまった人を引き止めることもできなくて、私の身は今、死んでしまいそうです

解説

伊勢物語には次のように書かれています。
へんぴな田舎に住んでいたある男が、「宮仕えをする」と言って、恋人との別れを惜しみながら都へ出かけて行きました。その男は都へ行ったまま三年も帰ってくることがなかったので、残された恋人は待ちくたびれてしまい、ついに他の男と結婚することにしました。そんな折、都へ出かけていた男が、結婚しようとしたその日に帰ってきたのです。

帰ってきた男は「扉を開けて下さい」と言いますが、女は扉を開けることなく「今夜他の男性と結婚するのです」と伝えました。事情を察した男は、「あづさ弓ま弓つき弓年を経てわがせしがごとうるはしみせよ」という歌を残して潔く引き下がります。待ちくたびれたものの男への未練を感じさせる女は「あづさ弓引けど引かねど昔より心は君によりにしものを」という歌を返します。しかし返事がくることはありませんでした。

立ち去った男のことを思うと居ても立ってもいられなくなった女は、男の後を必死に追いました。しかし男に追いつくことはできず、清水のほとりに倒れ伏し息絶えてしまいました。死の間際に、清水のほとりの岩に指から流れ出た血で書きつけた歌がこの歌です。

文法

係り結び

「(※1)ぞ消え果てぬめる」の「ぞ〜める」が係り結び。「める」は推定/婉曲の助動詞「めり」の連体形。

品詞分解

※名詞は省略しています。

あひ思はハ行四段活用「あひおもふ」の未然形
接続助詞
離れラ行下二段活用「かる」の連用形
ぬる完了の助動詞「ぬ」の連体形
格助詞
とどめかねナ行下二段活用「とどめかぬ」の連用形
代名詞
格助詞
係助詞
係助詞(係り結び)
消え果てタ行下二段活用「きえはつ」の連用形
完了/強意の助動詞「ぬ」の終止形
める推定/婉曲の助動詞「めり」連体形

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,870 pt 
 役に立った数 4 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。