新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「あいぎゃう/愛敬」の意味・解説【名詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
あいぎゃう/愛敬

ALT

名詞

意味1

慈しみ尊ぶこと

※仏教語。

意味2

愛らしさ、かわいらしさ、にこやかでかわいいこと、魅力

[出典]虫は 枕草子
「蝿こそにくきもののうちに入れつべく、愛敬なきものはあれ。」

[訳]:蝿こそ、気に入らないものの中に入れるべきで、かわいげのないものである。


意味3

優しさ、思いやり、人情味

[出典]いでや、この世に生まれては 兼好法師
「ものうち言ひたる、聞きにくからず、愛敬ありて、言葉多からぬこそ、飽かずむかはまほしけれ。」

[訳]:ものを言うのにつけても、聞きにくいこともなく、人情味があって、口数が多くない人とは、飽きずに対座していたいものです。


意味4

夫婦の結びつき、結婚

[出典]:葵 源氏物語
「げに、愛敬のはじめは日選りして聞こしめすべきことにこそ。」

[訳]:本当に、結婚のはじめには吉日を選んで(餅を)お召し上がりになるべきです。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,051 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。