新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「けしきだつ/気色立つ」の意味・解説【タ行四段活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
けしきだつ/気色立つ

ALT

タ行四段活用

未然形けしきだた
連用形けしきだち
終止形けしきだつ
連体形けしきだつ
已然形けしきだて
命令形けしきだて


意味1:自動詞

態度や顔に思いが表れる、思いを表す

[出典]:明石 源氏物語
「心恥づかしう思さるれば、気色立ちたまふことなし。」

[訳]:(紫の上がいながら明石の君に言い寄ることは)気がひけることだとお思いになるので、(明石の君に)思いを表しなさることはない。


意味2:自動詞

気取る、もったいぶる

[出典]:大鏡
「扇を差し隠して、気色立ち笑ふ程も、さすがにをかし。」

[訳]:扇をかざして(顔を)隠して、気取って笑う様子も、やはり趣がある。


意味3:自動詞

花が咲き出しそうである、兆しが見える、自然の現象が表れる

[出典]折節の 徒然草
「鳥の声などもことのほかに春めきて、のどやかなる日影に、垣根の草萌えいづるころより、やや春ふかく霞わたりて、花もやうやう気色立つほどこそあれ...」

[訳]:鳥の鳴き声などとりわけ春めいて、穏やかな日差しによって、垣根の草が芽ぐむころから、しだいに春も深まり一面に霞がかかって、桜の花もだんだんと咲き出しそうになるころではあるが...


意味4:自動詞

妊娠・出産の兆しが見える

[出典]:栄花物語
「この左京大夫殿の御上、気色立ちて悩ましうおぼしたれば...」

[訳]:この左京大夫殿の奥方は、出産の兆しが見えて気分が悪くお思いになるので...

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 655 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。