新規登録 ログイン

18_80 内陸アジア世界の形成 / モンゴル民族の発展

モンゴル帝国時代の文化交流

著者名: エンリケ航海王子
Text_level_1
マイリストに追加
タタールの平和

モンゴル帝国は、世界史においてまれに見る大帝国を築くわけですが、その統治下ではタタールの平和と呼ばれる安定した時代が続きました。

安定し、平和な状況が続いたということは、それまで以上に人々の行き来が進んだということです。また人の往来はさまざまな文化の融合ももたらします。

東西文化交流のまとめ

ここでよく問題になる東西交流の内容をまとめておきましょう。

人物の往来

人名職業概要
プラノ=カルピニ修道士・教皇使節カラコルムを訪問
ルブルック修道士・フランス王使節カラコルムを訪問
モンテ=コルヴィノ修道士大都で布教活動
マルコ=ポーロヴェネツィアの商人大都を訪問・『東方見聞録』出筆
イブン=バットゥータ旅行家大都を訪問
ラッバン=ソーマイルハン朝使節・ネストリウス派信徒ヨーロッパ訪問


ALT

(マルコ=ポーロ)

芸術・学問

西伝来方向
イランの陶芸技術中国の染付技術
イランのミニアチュール中国絵画
イスラム科学郭守敬の授時暦


ALT

(郭守敬)
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『詳説世界史研究』 山川出版社
『世界史B 用語集』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 6,318 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 22 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。