新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「さのみやは/然のみやは」の意味・解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
さのみやは/然のみやは

ALT

※副詞「さ」と副助詞「のみ」、そして係助詞「やは」が一語になったもの。
連語

意味

ひたすらそうして〜か-いや〜ない

[出典]かぐや姫の嘆き 竹取物語
「さきざきも申さむと思ひしかども、必ず心惑ひし給はむものぞと思ひて、今まで過ごし侍りつるなり。さのみやはとて、うち出で侍りぬるぞ。」

[訳]:以前も申し上げようと思っていましたが、きっと当惑なさるに違いないと思い、今まで(言わずに)過ごして参りました。(しかし)ひたすらそうして(言わずに過ごして)いられようかいや、いられないと(思い)、打ち明けるのでございます。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,118 pt 
 役に立った数 3 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。