新規登録 ログイン

11_80 文法 / 名詞

英語 単数形か複数形か迷う名詞一覧

著者名: ほりぃ
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

読んでみると単数っぽいけれど実は複数形扱いだった、逆に複数形っぽいけれど実は単数形だったという紛らわしい名詞が存在します。
いくつかご紹介しましょう。

常に複数形で使う名詞

例えば靴や手袋などは必ずペアで使うものですよね。
日常で靴のことをシューズと口にすることがあるかと思いますが、 実はこのシューズ、複数形なのです。
英語でシューズと書くとshoesとなります。片一方ではshoeです。
shoesは必ず複数形扱い


shoesは必ず複数形扱いとなりますので、「例えばこれは私の靴です」を英文にするときは
These are my shoes.と使います。動詞が複数形に対応していますね。

これと同じ性質を持つ単語はけっこうあります。
・globs(手袋)
・scissors(ハサミ)
・pants(ズボン)
・glasses(メガネ)

などがそうです。
これらを数えるときは、a pair of shoes.(1組の靴)のように a pair of ○○を使って数えます。

複数形っぽいけど実は単数形

複数形っぽいけれど実は単数形という名詞には次のようなものがあります。
・news(ニュース)
・means(手段、方法)
・nonsense(ナンセンス)
・progress(進歩)

などがあります。これらは抽象名詞で数えることができませんのでご注意くださいね。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『総合英語 Forest』 桐原書店
『チャート式 デュアルスコープ総合英語』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 47,622 pt 
 役に立った数 28 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 11 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。