新規登録 ログイン

11_80 文法 / 同格

英語 同格のthatと関係代名詞のthatの見分け方

著者名: ほりぃ
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

thatには代名詞としての役割の他に、 同格表現に使われるもの、 関係代名詞として使われるものがあります。
ここでは同格のthat関係代名詞のthatについて比べてみましょう。

同格のthatと関係代名詞のthat

There is a story that he won the match.
彼が試合に勝ったという話があります。

that以降をみてみましょう。同格のthatを含む文章とは、A that Bという文章があったときにthatを挟んでA=Bである文章のことです。
この場合、「story」=「he won the match」ですね。
このようなときのthatは同格のthatであるといえます。

試しにthatを抜いて読んでみましょう。
There is a story (that) he won the match.

thatがなくても成り立つのが特徴です


There is a story that he wrote.
この場合はどうでしょう。「story」=「he wrote」でしょうか?
違いますね。he wrote は storyにかかって、彼が書いた話という意味をなしますよね。thatがwroteの目的語になっています。
つまり、このthatは同格のthatではなく目的格の関係代名詞であると言えます。


Related_title


Keyword_title

Reference_title
『チャート式 デュアルスコープ総合英語』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 43,324 pt 
 役に立った数 105 pt 
 う〜ん数 23 pt 
 マイリスト数 7 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。