新規登録 ログイン

26_80 地学基礎:変動する地球 / 地学基礎:大気と海洋

海の誕生

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

海はどのようにして誕生したのでしょうか。そのプロセスにせまってみましょう。
ALT

マグマオーシャン

宇宙空間の金属やガス、ちりなどが集まり地球の基礎ができたあと、地球は次第に大きくなっていきます。地球は大きくなるにつれ、物質の衝突や反応によって次第に熱を帯びていきます。
また、このときは大気中の二酸化酸素濃度が高く、発生した熱を大気に逃すこともできずに、地球上の温度はどんどんと上昇しました。
温度が上昇した結果、ついに岩石が溶け始め、地表はマグマに覆われるようになります。
このマグマの海のことをマグマオーシャンと言います。
原始海洋

マグマにのまれた物質は蒸発し、水蒸気となって地球の表面を覆います。
その大気の厚さは数百キロにも及んだと言われています。厚い雲を形成した水蒸気は、雨となり地表に降り注ぎ始めました。
地表はマグマが存在するほどの高温でしたので、最初は地表に届く前に雨は蒸発し、再び水蒸気にもどります。これを繰り返すうちに、雨は地表の温度を冷ましはじめ、マグマを固めていきます。数百キロに及んだ大気は何年も雨を降らし続け、最終的にそれが海になったと言われています。

Keyword_title

Reference_title
『教科書 地学Ⅰ』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 7,100 pt 
 役に立った数 4 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 15 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。