新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「おふ/負ふ」の意味・解説【ハ行四段活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
おふ/負ふ

ALT

「おふ」には
①負う
生ふ(ハ行上二段活用)
③追ふ(ハ行四段活用)
などがあるが、ここでは「①負う」を扱う。
ハ行四段活用

未然形おは
連用形おひ
終止形おふ
連体形おふ
已然形おへ
命令形おへ


意味1:自動詞

似合う、似つかわしい、釣り合う

※この用法の場合、「〜に負ふ」の形で用いられる。
[出典]:古今和歌集
「文屋康秀は、詞はたくみにて、そのさま身に負はず。」

[訳]:文屋康秀は、言葉(の使い方)は巧みであるが、その(歌の)体裁が内容に釣り合わない。


意味2:他動詞

背負う、背中にのせる、担ぐ

[出典]芥川 伊勢物語
「これは、二条の后の、いとこの女御の御もとに、仕うまつるやうにてゐ給へりけるを、かたちのいとめでたく おはしければ、盗みておひて出でたりけるを...」

[訳]:これは、二条の后が、いとこの女御のお側に、お仕え申し上げるような形で(身を寄せて)おいでになっていたのですが、(二条の后の)容貌がとても美しくていらっしゃったので、(男が二条の后を)盗んで背負って出たのですが...


意味3:他動詞

有名である、(名に)もつ

※この用法の場合、「名に負ふ」の形で用いられる。
[出典]折節の 徒然草
「花橘は名にこそ負へれ、なほ、梅の匂ひにぞ、いにしへの事も立ちかへり恋しう思ひいでらるる。」

[訳]:橘の花は(昔のことを恋しく思わせることで)有名であるが、やはり、梅の香によって、昔のことも立ち返って恋しく思いだされる。


意味4:他動詞

身に受ける、被る

[出典]桐壷 源氏物語
「朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふ積もりにやありけむ...」

[訳]:朝夕の宮仕えにつけても、(その女性の行動は)人の心を動揺させ、恨みを身に受けることが積もったからでしょうか...


意味5:他動詞

借金する、負債を負う

[出典]:宇治拾遺物語
「その人は、わが金を千両負ひたる人なり。」

[訳]:その人は、私の金を千両借金している人です。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,734 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。