新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「がり」の意味・解説【接尾語/形式名詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
がり

ALT

「がり」には
①接尾語(上代)
②形式名詞(中古以降)
の用法がある。
①接尾語

意味

※人を表す名詞または代名詞について
〜のもとへ、〜の所へ

[出典]:万葉集
「広橋を馬越しがねて心のみ妹がり遣りて我はここにして」

[訳]:幅の広い橋を馬は越えかねており、心だけあなたのもとへ行かせます。私はここにいるままで。


②形式名詞

意味

※主に人を表す名詞+格助詞「の」+「がり」の形で
〜のもとへ、〜の所へ

[出典]或者、子を法師になして 徒然草
「蓑・笠やある。貸し給へ。かの薄の事習ひに、渡辺の聖のがり尋ね罷らん。」

[訳]:蓑笠はありますか。(あれば)お貸しください。そのすすきのことを学びに、渡辺の聖人のもとへ訪ねに参りましょう。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,571 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。