manapedia
ロシアの成立と発展 ~モスクワ大公国とイヴァン3世、ロマノフ朝の発展~ 
著作名: エンリケ航海王子
16,151 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。


イヴァン4世

イヴァン4世(在位1533〜1584)は、イヴァン3世の孫にあたる人物で、彼の治世にモスクワ大公国は最盛期を迎えます。

ALT


(雷帝イヴァン4世)

彼は、ツァーリの称号を正式に定め、ギリシア正教会の首長を兼ねる政治を開始しました。専制政治は非常に厳しく行われ、これに反対した貴族層は処刑されました。

これら貴族の持っていた領地は、他の貴族や戦士層与えられ、彼らはイヴァン4世の信奉者となります。

また対外的にもカザン=ハン国やアストラ=ハン国などのモンゴル民族を征服し、他方でロシア辺境に住んでいた戦士集団コサックの首領イェルマークにシベリア地方の開拓を命じ、積極的に領土を拡張していきます。

このように、厳しい統治によって、イヴァン4世は「雷帝」と恐れられ、この恐怖政治のもとで、中央集権化を整え、みずから絶対君主となっていきました。この時代に始まるロシアの専制体制のことをツァーリズムと言います。

ロマノフ王朝

雷帝イヴァン4世のもと最盛期を迎えたモスクワ大公国ですが、彼の死後急速に衰えていきます。

農奴の一部は、国内の混乱と圧政を逃れ、コサックの一団に合流するものも出始めました。

この状況を打開したのが、ミハイル=ロマノフでした。

ALT


(ミハイル=ロマノフ)

彼は1613年に全国会議でツァーリに選ばれると、自らを開祖としてロマノフ王朝を建てます。

ロマノフ王朝は、1917年のロシア革命で打倒されるまで、およそ300年間にわたってロシアを統治することになります。

1ページ
前ページ
2/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史