新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「こしらふ/拵ふ」の意味・解説【ハ行下二段活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
こしらふ/拵ふ

ALT

「こしらふ」には
①拵ふ
②慰ふ/喩ふ/誘ふ
などの用法があるが、ここでは「①拵ふ」を扱う。
ハ行下二段活用

未然形こしらへ
連用形こしらへ
終止形こしらふ
連体形こしらふる
已然形こしらふれ
命令形こしらへよ


意味1:他動詞

組み立てて作る、造る

[出典]亀山殿の御池に 徒然草
「さて、宇治の里人を召して、こしらへさせられければ、やすらかに結ひて参らせたりけるが...」

[訳]: そこで、(水車で有名な)宇治の里の人をお呼びになって、(水車を)造らせなさったところ、(彼らは)たやすく(水車を)組み立てて献上したのだが...


意味2:他動詞

用意する、支度する

[出典]: 宇治拾遺物語
「馬の草までこしらへ持ちて来たり。」

[訳]:馬の(えさである)草まで用意して持ってきた。


意味3:他動詞

計画する

[出典]:義経記
「かねてこしらへたることなれば、走りまはりて火をかけたり。」

[訳]:あらかじめ計画していたことなので、走り回って火をつけた。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 851 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。