新規登録 ログイン

11_80 文法 / 接続詞

英語 接続詞を使ったテストによく出る問題(both.either,neitherの違いなど)

著者名: ほりぃ
Text_level_2
マイリストに追加
接続詞を使った頻出の表現

andやor,but,ifなど接続詞もたくさん存在しますが、ここでは接続詞を使ってイディオムを形成している表現をいくつか紹介しましょう。

both A and B

AもBもどちらもと訳します。
I want to eat both chocolate and cake.
チョコレートとケーキどちらも食べたい

both A and Bが主語となるときは、下記のように複数形扱いになります。
Both he and she are from Yokohama.

either A or B

AかBどちらか片方と訳します。
You can chose either chocolate or cake.
チョコレートかケーキ、どちらか一方を選んでいいですよ。

either A or Bが主語のときは、基本的には単数形扱いをします。
neither A nor B

AとBどちらでもないと訳します。
I am neither your mother nor housekeeper.
私はあなたのお母さんでも家政婦でもないんだよ!

また、neither A nor B=not~+either A or Bとなります。
例文は、I am not either your mother or housekeeper.と書き直せます。

not only A but also B

AだけではなくBもと訳します。
I want not only chocolate but also cake.
チョコレートだけでなくケーキも欲しい。

not only A but also Bが主語になった場合は、Bに動詞の形をあわせます。
Not only I but also he is from England.
「私だけではなく彼もイギリス出身です」となります。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『チャート式 デュアルスコープ総合英語』 数研出版
『総合英語 Forest』 桐原書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 16,791 pt 
 役に立った数 9 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 16 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。