新規登録 ログイン

11_80 文法 / 接続詞

whileとduringの意味・使い方・違い

著者名: ほりぃ
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

He was sleeping while the movie is showing. 彼は上映中寝ていた。

「~の間に」を表す言葉で「while」 がありますが、これと全く同じ意味を持つ単語に「during」があります。

しかし、この2つの単語は同じ意味であって使い方は全く違います。
その使い分けについてご説明しましょう。

whileとduringの使い方

一番の違いは、文法的に言うなれば、whileは接続詞なのに対して、duringは前置詞ということです。
ですので、whileの後にはwhile+主語+動詞と続くのが、duringの後だとduring+名詞となります。

例えば、
○ I studied economics while I was in U.S.Aは、
☓ I studied economics during I was in U.S.Aとはなりません。

また逆に、
○ I studied economics during my stay in U.S.Aは、
☓ I studied economics while my stay in U.S.Aともできません。

during と while は意味上同じですがその使い方には注意をしてください。

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『チャート式 デュアルスコープ総合英語』 数研出版
『総合英語 Forest』 桐原書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 82,459 pt 
 役に立った数 101 pt 
 う〜ん数 10 pt 
 マイリスト数 37 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。