新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「しのぶ/偲ぶ/慕ぶ/賞ぶ」の意味・解説【バ行四段活用/バ行上二段活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
しのぶ/忍ぶ

ALT

「しのぶ」には
①忍ぶ
②偲ぶ/慕ぶ/賞ぶ
などの用法があるが、ここでは②「偲ぶ/慕ぶ/賞ぶ」について解説をする。

さらに「偲ぶ/慕ぶ/賞ぶ」には
①バ行四段活用
②バ行上二段活用
の用法がある。

①バ行四段段活用

未然形しのば
連用形しのび
終止形しのぶ
連体形しのぶ
已然形しのべ
命令形しのべ


意味1:他動詞

懐かしく思う、思い慕う、恋い慕う

[出典]花は盛りに 徒然草
「逢はでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りをかこち、長き夜をひとり明かし、遠き雲居を思ひやり、浅茅が宿に昔をしのぶこそ、色好むとはいはめ。」

[訳]:逢わずに終わった(恋の)辛さを思い、はかない逢瀬を嘆き、長い夜を一人で明かして、遠く離れた所(にいる恋人のこと)をはるかに思い、チガヤの生い茂った荒れ果てた家で昔(の恋)を思い出して懐かしむことこそ、恋愛の情趣を理解すると言えよう。


意味2:他動詞

賞美する、物の美しさを褒め称える

[出典]:万葉集
「黄葉をば取りてそしのふ...」

[訳]:黄色く色づいた葉を手に取って賞美する...


②バ行上二段活用

未然形しのび
連用形しのび
終止形しのぶ
連体形しのぶる
已然形しのぶれ
命令形しのびよ


意味:他動詞

懐かしく思う、思い慕う、恋い慕う

[出典]:幻 源氏物語
「亡き人をしのぶる宵の村雨にぬれてや来つる山時鳥」

[訳]:亡き人を恋い慕う宵のにわか雨に濡れて来たのか、山ほととぎすよ

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 953 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。