新規登録 ログイン

18_80 西アジア・地中海世界の形成 / ギリシア世界

アテネの発展 ①

著者名: エンリケ航海王子
Text_level_2
マイリストに追加
アテネのおこりと貴族政治


ALT


アテネとは、ギリシアのポリスの典型といえる都市国家です。イオニア人が、ギリシア本土のアッティカ地方に集住(シノイキスモス)し、成立しました。

アテネの名前の由来は、アクロポリスに祀られた守護女神アテナからきています。

ALT


(守護女神アテナ)

紀元前8世紀半ばになると、アテネではそれまでの王政が廃止され、貴族政治が始まりました。

貴族政治というのは、政治参加のために必要だった軍役を果たした貴族たちが、軍事・政治の両方を独占していた政治形態のことです。

これは貴族共和制と言える政治体制で、貴族の中から任期一年のアルコン(執政官)という役職が9人選ばれ、ポリスを統治していました。

紀元前7世紀には、キュロンという貴族が僭主(独裁)政治を行おうとクーデターを起こしましたが失敗し、処刑されます。

このように、アテネは長らく貴族政治のもと統治されていました。
1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・アテネの発展 ①

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 世界史B』 山川出版社
『詳説世界史研究』 山川出版社
『世界史B 用語集』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 10,007 pt 
 役に立った数 4 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 21 pt 

知りたいことを検索!