新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「こころづよし/心強し」の意味・解説【形容詞ク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
こころづよし/心強し

ALT

形容詞・ク活用

未然形こころづよくこころづよから
連用形こころづよくこころづよかり
終止形こころづよし
連体形こころづよきこころづよかる
已然形こころづよけれ
命令形こころづよかれ


意味1

気丈だ、意思が固い、我慢強い

[出典]:賢木 源氏物語
「女もえ心強からず、なごりあはれにて眺め給ふ。」

[訳]:「女(六条御息所)も気丈でいることができず、別れのあとはしみじみと物思いにふけりながらぼんやりと見やっていらっしゃいます。」


意味2

強情である、薄情である、つれない

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「かくわづらはしき身にてはべれば、心得ずおぼしめされつらめども、心強く承らずなりにしこと、なめげなるものに思しめしとどめられぬるなむ、心にとまり侍りぬる。」

[訳]:このように複雑な身の上でございますので、(帝は)納得できないとお思いになっておられるでしょうが、強情に(宮仕えを)お引き受け申し上げなかったことを、無礼な者と思いとどめられてしまいますことが、心残りでございます。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 44 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。