新規登録 ログイン

11_80 文法 / 比較

英語「good,bad,many,much,little」の比較級と最上級~不規則変化する形容詞

著者名: ほりぃ
Text_level_2
マイリストに追加
比較のときに、例外的な変化をする形容詞

「AはBよりも~である」を英文にするとき、本来であれば
A+動詞+形容詞er+than+B と表します。
形容詞erは形容詞の種類によって「er」をつけるのか、それとも「r」だけをつけるのか等、形が変わるんでしたね。

また「Aは最も~である」を英文にするときは
A+動詞+the+形容詞est~もしくはA+動詞+the+most+形容詞~となります。形容詞の長さによって前者になるのか後者になるのかが決まります。

ここまでは、いわゆる普通の比較級・最上級の表現でした。
しかしながら、根本的に形容詞の形がかわるものが存在します。
今回はその形容詞についてまとめてみました。

good

「良い」を意味する good は、比較級と最上級とで形が変わります。
・原級 good
・比較級 better
・最上級 the best

このようにgoodは変化します。
「~するのがベターだよ」とか「それはベストな選択だね」なんて言ったりもしますよね。

bad

良いが例外でしたので、bad 悪いも例外になります。
bad は次のように変化します。
・原級 bad
・比較級 worse
・最上級 the worst

比較級の worse はあまり馴染みがないかもしれませんが、最上級の worst は、「ワースト記録の更新」というように日本語でもよく使われていますね。

many,much

たくさんのという意味の many や much も比較級と最上級が異なります。
・原級 many,much
・比較級 more
・最上級 the most

little

これで最後です。
たくさんが例外でしたので、少しのという意味のlittleも異なる変化をします。
・原級 little
・比較級 less
・最上級 the least

ちょっと馴染みが少ないかもしれませんね。
これだけ知っておけば、ほとんどの問題が解けるはずです。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『総合英語 Forest』 桐原書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 214,657 pt 
 役に立った数 276 pt 
 う〜ん数 12 pt 
 マイリスト数 36 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。