新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「おぼし/思し/覚し」の意味・解説【形容詞シク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
おぼし/思し/覚し

ALT

形容詞・シク活用

未然形おぼしくおぼしから
連用形おぼしくおぼしかり
終止形おぼし
連体形おぼしきおぼしかる
已然形おぼしけれ
命令形おぼしかれ


意味1

〜と思われる、〜と見受けられる

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「その中に王とおぼしき人、家に、『造麻呂、まうで来』と言ふに...」

[訳]:その中には王様と思われる人が(乗ってましたが)、家に向かって、「造麻呂よ、出てきなさい。」と言うと...


意味2

こあってほしいと思う、こうありたいと思う

[出典]をりふしの移り変わるこそ 徒然草
おぼしきこと言はぬは腹ふくるるわざなれば...」

[訳]こうあって欲しいと思うことを口にしないのはお腹が膨れるような(嫌な)ことなので...

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 76 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。