新規登録 ログイン

17_80 両世界大戦期の日本と世界 / 国内情勢・第二次世界大戦・太平洋戦争

満州事変から国際連盟の脱退へ

著者名: 早稲男
Text_level_1
マイリストに追加
満州事変

1931年、中華民国の柳条湖付近の鉄道で爆発騒ぎがおきました。
日本はこれを中華民国の仕業であるとして満州に侵略し、満州全土を占領します。そして清の最後の皇帝であった溥儀(ふぎ)を擁立して満州国を築きました。名目だけの政権ですので、傀儡政権(かいらいせいけん)と呼ばれています。
しかし実際には、満州に常駐していた関東軍の自作自演であったとされています。この一連の事件を満洲事変といいます。
リットン調査団の登場

さてこれを不服とした中華民国は、満州事変は明らかに日本の侵略行為であり、満州国の設立は認められないと国際連盟に訴えます。中華民国側は、満州事変より前の状態に情勢を戻して欲しいと主張し、日本側は満州国の正当性を主張しました。
そこで調査に派遣されたのがリットンを団長とするリットン調査団です。

彼らは調査の後、次のような報告書を出します。
柳条湖でおきた爆破事件を名目に、自衛目的で満州へ侵略したという日本の主張は妥当ではない

しかし事変前に情勢を戻すことは現実的ではない

よって満州国の独立は認めるものの、日本がこれを実質支配するものではない(特殊権益は認める)


満州の支配を国際的に認めてもらいたかった日本は、これに猛反発します。
国際連盟では、参加国の全会一致でなければ議案は可決されないのですが、この報告書の議決に関しては、日本以外は全員賛成(1国の棄権)と、完全に日本は干されてしまいました。
これを不服とした日本大使、松岡洋右はその場で議場を後にします。


満州事変は、日本の国際的な評価を大きく下げるものとなり、日中戦争・太平洋戦争のきっかけとなった事件でした。そしてまた、国際連盟脱退への引き金ともなった事件なのです。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『読むだけですっきりわかる日本史』 宝島社文庫
『日本史用語集』 山川出版 

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 17,003 pt 
 役に立った数 11 pt 
 う〜ん数 7 pt 
 マイリスト数 16 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。