新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「かろし/かるし/軽し」の意味・解説【形容詞ク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
かろし/かるし/軽し

ALT

形容詞・ク活用

未然形かろくかろから
連用形かろくかろかり
終止形かろし
連体形かろきかろかる
已然形かろけれ
命令形かろかれ


意味1

身分が低い

[出典]桐壷 源氏物語
「ある時には大殿籠り過ぐして、やがて候はせ給ひなど、あながちに御前去らずもてなさせ給ひしほどに、おのづから軽き方にも見えしを...」

[訳]:あるときには、(更衣と一緒にお休みになられて)お寝過ごしになってそのままお側に付き添わせなさるなど、強引にお側から離れないようにお取り扱いになったうちに、自然と身分が低い者とも見えていましたが...


意味2

重量が少ない、軽い

意味3

重大ではない、大した程度ではない

[出典]:法印問答 平家物語
「この度の地震、占文のさす所、その慎み軽からず。」

[訳]:今回の地震は、占文のさす所、その慎みは軽くありません。


意味4

軽率である、軽々しい

[出典]:兼家 大鏡
「この宮たちは、御心の少し軽くおはしますこそ...」

[訳]:この宮たちは、お心が少し軽率でいらっしゃるのを...


意味5

価値が低い、値打ちがない、評価が低い

[出典]:徒然草
「世を軽く思ひたる曲者にて、万自由にして、大方、人に従ふといふ事なし。」

[訳]:世間を軽く見ている変人であって、あらゆる事を気ままに振る舞い、いっこうに、人に従うことが無い。


備考

「かるし」と読む場合の活用は以下の通り。

未然形かるくかるから
連用形かるくかるかり
終止形かるし
連体形かるきかるかる
已然形かるけれ
命令形かるかれ

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 224 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。