新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「あながちなり/強ちなり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
あながちなり/強ちなり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形あながちなら
連用形あながちなりあながちに
終止形あながちなり
連体形あながちなる
已然形あながちなれ
命令形あながちなれ


意味1

強引だ、無理矢理だ、一方的だ、身勝手だ

[出典]桐壷 源氏物語
「ある時には大殿籠り過ぐして、やがて候はせ給ひなど、あながちに御前去らずもてなさせ給ひしほどに...」

[訳]:あるときには、(更衣と一緒にお休みになられて)お寝過ごしになってそのままお側に付き添わせなさるなど、強引にお側から離れないようにお取り扱いになったうちに...


意味2

一途である、ひたむきである、熱心である

[出典]桜木の精 今物語
あながちに物を思ふ折には、木草なれども、かやうなることの侍るにや。」

[訳]一途に誰かを思うときには、草木であっても、このようなことがおこるのですね。


意味3

むやみに、異常なまでに、強いて

[出典]叡実、路頭の病者を憐れむ事 発心集
「世を厭ひて、心を仏道に任せしより、帝の御事とても、あながちに貴からず。」

[訳]:世俗を嫌がって、心を仏道にまかせてからは、帝のご用事とはいっても、むやみに尊いということではありません。


意味4

必ずしも、一概に

※この用法の場合、「あながち〜打消」形で用いられる。
[出典]:栄花物語
「これぞ前の斉宮と聞こえさすれば、あながち恐ろしかるべきことにもあらど...」

[訳]:この方は前の斉宮と申し上げるのだから、必ずしも恐ろしく思わなければならないことでもないのですが...

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 537 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。