新規登録 ログイン

17_80 中世の社会・文化と東アジア / 南北朝時代・室町時代

【惣村の形成、応仁の乱、室町幕府の衰退】 受験日本史まとめ 31

著者名: Cogito
Text_level_2
マイリストに追加
惣村の形成と土一揆

鎌倉時代後期以降、荘園や公領(郷)の内部に、自然発生的にが形成されていきました。南北朝時代に各地に広がり、こうした村を惣村といいました。惣村は、更に荘園や郷を中心にまとまり、惣荘や惣郷という大きく強い結合体となっていきました。また、荘園や郷が複雑に入り組んだ近畿地方では、領主が異なる複数の惣村が荘園・公領の枠組みを超えて連合し、与郷という地域横断的な共同体を結成することもありました。一方で関東では緩やかな村落形成が主で、郷村が形成され、その社会体制を郷村制といいました。

惣村のメンバーは、不法行為を行う代官や荘官の罷免や水害被害による年貢減免などを求めて一揆を結び、要求を百姓申状に書き連ね荘園領主に愁訴を行いました。要求が認められない場合は退去して荘園領主のもとに押しかける強訴や、耕作放棄し他領や山林に逃げ込む逃散を行うときもありました。

惣村は有力農民の名主たちに加え、新たな小農民もメンバーとなり、神社の宮座などを中心に結束を強めていきました。惣村の正規のメンバーとして宮座への出席を認められた者を惣百姓といいました。惣村では寄合という会議で物事が決められ、おとな(乙名・長・年寄)・沙汰人・番頭などの指導者によって運営されました。惣村の発展とともに、荘園領主に納める年貢を惣村がひとまとめにして請け負う地下請が広まり、惣村内では惣掟(村掟・地下掟)や村民が警察権を行使する地下検断などを行うようになりました。惣村の有力者の中には、やがて守護大名と主従関係を結び侍身分を獲得する者も現れ、彼らを地侍と呼びました。

1428年(正長元年)には、正長の土一揆(徳政一揆)がおこり、近江の馬借が徳政を求めて蜂起し、京都近郊の惣村から土一揆が起こり、京都の土倉・酒屋を襲って売買・貸借証文を奪いました。こうした私徳政の様子は柳生碑文に刻まれています。翌年1429年(永享元年)には播磨の土一揆が、守護赤松氏の家臣を追い出す目的で起こされ、1441年(嘉吉元年)には嘉吉の徳政一揆が起こり、ついに室町幕府は徳政令を発布しました。徳政一揆は天皇や将軍が代わるときに起こることが多く、こうした時期に所有関係や貸借関係が精算されるという社会通念が作用したともいわれます。幕府はこうした徳政一揆に対し、分一銭の制度をはじめました。
1ページへ戻る
前のページを読む
1/3
次のページを読む

Tunagari_title
・【惣村の形成、応仁の乱、室町幕府の衰退】 受験日本史まとめ 31

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『日本史用語集』 山川出版社
『詳説日本史』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 395 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。