新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「かしづく/傅く」の意味・解説【カ行四段活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
かしづく/傅く

ALT

カ行四段活用

未然形かしづか
連用形かしづき
終止形かしづく
連体形かしづく
已然形かしづけ
命令形かしづけ


意味1:他動詞

大切に育てる

[出典]桐壷 源氏物語
「おほかたのやむごとなき御思ひにて、この君をば、私物に思ほしかしづき給ふこと限りなし。」

[訳]:(帝は、第一の王子に対しては、)普通の大切になさるという程度のご寵愛で、(新しくお生まれになった)この皇子には、自分の大事なものとお思いになり大切にお育てなさることこの上ありません。


意味2:他動詞

大切に世話をする、後見人とする

[出典]:敦明親王の東宮辞退 大鏡
「殿上人参りて、御遊びせさせ給ひや、もてなしかしづき申す人などもなく...」

[訳]:殿上人が参上して、詩歌管弦などのお遊びをなさったり、大切にお世話し申し上げる人などもいなくて...

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 597 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。