新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「きく/聞く/聴く」の意味・解説【カ行四段活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
きく/聞く/聴く

ALT

カ行四段活用

未然形きか
連用形きき
終止形きく
連体形きく
已然形きけ
命令形きけ


意味1:他動詞

聞く、聴く

[出典]名を聞くより 徒然草
「名を聞くより、やがて面影は推し測らるる心地するを...」

[訳]:名前を聞くと、すぐに(その人の)顔つきの見当をつけられるような気がするが...


意味2:他動詞

聞いて知る

[出典]帰京 土佐日記
聞きしよりもまして、言ふかひなくぞこぼれ破れたる。」

[訳]聞き知っていた以上に、どうしようもないほど壊れ傷んでいる。


意味3:他動詞

承諾する、聞き入れる、人の言うことに従う

[出典]筒井筒 伊勢物語
「女はこの男をと思ひつつ、親のあはすれども、聞かでなむありける。」

[訳]:女はこの男を(夫にしたい)と思い続け、親が(他の男と)結婚をさせようとするのですが、それを聞き入れずにいました。


意味4:他動詞

尋ねる、問う

[出典]:宇治拾遺物語
「散り散らずきかまほしきを...」

[訳]:散ったのか散っていないのか尋ねてみたいのだが...


意味5:他動詞

(味や香を)
吟味する、ためす

[出典]:伯母が酒
「良い酒か悪しい酒か、私の一つきいてみずはなりますまい。」

[訳]:良い酒か悪い酒か、私が一度味を吟味しなければならないでしょう。

※「きい」は連用形のイ音便


意味6:他動詞

評価する
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 552 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。