新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「すごし/凄し」の意味・解説【形容詞ク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
すごし/凄し

ALT

形容詞・ク活用

未然形すごくすごから
連用形すごくすごかり
終止形すごし
連体形すごきすごかる
已然形すごけれ
命令形すごかれ


意味1

物寂しい、寒々としている

[出典]門出・東路の道の果て 更級日記
「年ごろ遊び慣れつる所を、あらはにこほち散らして、立ち騒ぎて、日の入り際の、いとすごく霧り渡りたるに...」

[訳]:長年遊びなれた家を、丸見えになるほど乱雑に壊して、大騒ぎをし、日が暮れる頃で、とても物寂しく辺り一面が霧でたちこめているときに...


意味2

恐ろしい、気味が悪い

[出典]:若紫 源氏物語
「あられ降り荒れて、すごき夜のさまなり。」

[訳]:あられがひどく降り、恐ろしい夜の様子です。


意味3

ぞっとするほど素晴らしい

[出典]:若菜下 源氏物語
「なまめかしくすごうおもしろく、所柄はまして聞こえけり。」

[訳]:(舞楽の演奏は、)優雅でぞっとするほど素晴らしく趣があり、(住吉大社という)場所柄よりいっそう(素晴らしく)聞こえた。


意味4

冷ややかである

[出典]:箒木 源氏物語
「心ひとつに思ひ余るときは、言はむ方なくすごき言の葉、あはれなる歌を詠み置き...」

[訳]:(女がつらい思いを)自分の胸の中には収まりきらなくなる時は、言いようのない冷ややかな言葉(を男に伝え)、悲しい歌を詠み残して...

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 779 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。