新規登録 ログイン

17_80 中世の社会・文化と東アジア / 鎌倉時代

【モンゴル帝国の成立と元寇(文永の役・弘安の役)】 受験日本史まとめ 24

著者名: Cogito
Text_level_2
マイリストに追加
中国大陸の激動

10世紀以降、中国大陸では様々な王朝の興亡が相次ぎました。東部内モンゴルに契丹(916〜1125)がおこりをたて、更に北満州の女真がおこり(1115〜1234)を建て、その後モンゴル帝国が出現しました。

1125年に遼を滅ぼした金は、1127年に南下しての都開封を占領しました。宋王室の高宗(在位1127〜1279)は江南に逃れ南京で即位し、南宋(1127〜1279)を開きました。この南宋は、平清盛が交易をおこなった相手国です。日本からの輸出品は金・水銀・硫黄・木材・米・刀剣・漆器・扇などで、輸入品は陶磁器・絹織物・香料・薬品・書籍・銭などで、これらは唐物と呼ばれ珍重されました。

文化面でも交流がおこり、禅僧の栄西(1141〜1215)・道元(1200〜53)など80数名が入宋し、蘭溪道隆(1213〜78)ら20数名が渡来しました。彼らにより、宗教以外に、朱子学(宋学)、喫茶の風習などがもたらされました。重源(1121〜1206)・陳和卿により東大寺大仏が再建されたのもこの時期でした。

モンゴル帝国の成立

オノン・ケルレン両河の上流に住んでいた遊牧民のモンゴル族は、一部族の長テムジン(鉄木真=鉄を作る人の意)が全モンゴル民族を統一し、1206年に帝位につき、チンギス=ハン(成吉思汗,在位1206〜27)と称しました。チンギス=ハンは中央アジア・北西インド・南ロシアにまたがる広大なモンゴル帝国をつくり、そのあとを継いだ太宗(オゴタイ=ハン,在位1229〜41)はカラコルムを都に定め、1234年に金を滅ぼし、高麗に出兵し、西方ではポーランド・ドイツの連合軍を破りました。

その後、チンギス=ハンの孫にあたる第5代皇帝のフビライ=ハン(在位1260〜94)は、都を大都(北京)に移し、1271年に国号を中華の伝統に習ってとしました。元は、南宋への侵攻を計画し、カンボジアやビルマなどを支配下に置き、東では高麗をおさえ、日本の征服も目指しました。
1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・【モンゴル帝国の成立と元寇(文永の役・弘安の役)】 受験日本史まとめ 24

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『日本史用語集』 山川出版社
『詳説日本史』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 333 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。