新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「かたはらいたし/傍ら痛し」の意味・解説【形容詞ク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
かたはらいたし/傍ら痛し

ALT

形容詞・ク活用

未然形かたはらいたくかたはらいたから
連用形かたはらいたくかたはらいたかり
終止形かたはらいたし
連体形かたはらいたきかたはらいたかる
已然形かたはらいたけれ
命令形かたはらいたかれ


意味1

(側で見ていて)
気の毒だ、心が痛む

[出典]:桐壷 源氏物語
「このごろの御気色を見奉る上人、女房などは、『かたはらいたし』と聞きけり。」

[訳]:最近の帝のご様子を見申しあげている殿上人や女房などは、(弘徽殿の女御のなさる音楽を、帝にとって)『気の毒だ』と聞いたのでした。


意味2

(側で見ていて)
みっともない、見苦しい、はらはらする

[出典]若菜上・柏木と女三 源氏物語
「大将、いとかたはらいたけれど、はひ寄らむもなかなかいと軽々しければ...」

[訳]:大将(夕霧)は、(簾があがって部屋の中が見えているのを)たいそうはらはらしていますが、(簾を正しに)はって寄ることもかえって軽率なので...


意味3

(側で見られて)
きまりが悪い、恥ずかしい

[出典]中納言参りたまひて 枕草子
「かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど... 」

[訳]:このようなことはきまりが悪いことの中に入れてしまうべきですが...


意味4

ばかばかしい、みっともなくておかしい

※この用法の場合「片腹痛し」と書く。
[出典]:狂言 若市
「『やれやれ、かたはらいたいことを言ふ。』」

[訳]:やれやれ、ばかばかしいことを言うものよ。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,320 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。