新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「まぢかし/間近し」の意味・解説【形容詞ク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
まぢかし/間近し

ALT

形容詞・ク活用

未然形まぢかくまぢかから
連用形まぢかくまぢかかり
終止形まぢかし
連体形まぢかきまぢかかる
已然形まぢかけれ
命令形まぢかかれ


意味1

間隔が近い、すぐ近く

[出典]:師尹 大鏡
まぢかきほどなれば、たよりにもと思ひて消息し聞こえつる。」

[訳]:(家が)すぐ近くなので、都合が良いと思って連絡を差し上げたのです。


意味2

ごく最近である

[出典]祇園精舎 平家物語
間近くは六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人のありさま、伝え承るこそ、心も詞も及ばれね。」

[訳]ごく最近で言えば、六波羅の入道で前の太政大臣平朝臣清盛公と申した人の有様は、人から伝え聞くにつけても、想像することも言い表すこともできないほどである。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 483 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。