新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「ただ/唯/只」の意味・解説【副詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
ただ/唯/只

ALT

「ただ」には
・直
・唯/只
の用法があり、それぞれ意味が異なる。ここでは「唯/只」の用法について解説を行う。

※参照:「直」の用法
副詞

意味1

(強調する意味合いで)
ひたすら、いちずに、ただもう

[出典]:うれしきもの 枕草子
「のちに物の中などにて見出でたるは、ただをかしう...」

[訳]:よく知らずにいた有名な歌を)後に書物の中などで見つけたときには、ただもう面白くて...


意味2

わずかに、ほんの、ただ

[出典]春はあけぼの 枕草子
「夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほかにうち光て行くもをかし。雨など降るもをかし。 」

[訳]:夏は夜(が良い)。月が出ている頃は言うまでもなく、(月が出ていない)闇夜もまた、蛍が多く飛び交っている(様子も良い)。また(たくさんではなくて)、ほんの一匹二匹が、ぼんやりと光って飛んでいくのも趣がある。雨が降るのも趣があって良い。


意味3

むやみに〜する、ひたすら〜する

※この用法の場合、『ただ』+『動詞の連用形』+『格助詞 に』+『動詞の連用形』の形で用いられる。
[出典]:宿木 源氏物語
ただ言ひに言へば...」

[訳]:(女房たちが)むやみに言いたてるので...


意味4

構わないから〜、ともかく〜

※この用法の場合、「ただ+命令、禁止、意志を表す言葉」の形で用いられる。
[出典]:亀山殿 徒然草
「とがむべからず。ただみな掘り捨つべし。」

[訳]:気にしなくてよい。とにかく全部掘って捨てなさい。

※命令を表す「べし」とセットで用いられている例。


意味5

まるで、ちょうど

※この用法の場合、下に「ごとし/やうなり」を伴って用いられる。
[出典]祇園精舎 平家物語
「おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。」

[訳]:おごり高ぶっている人(の栄華)も永続できるものではなく、まるで(覚めやすいと言われている)春の夜の夢のようである。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,379 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。