新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「ただ/直」の意味・解説【副詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
ただ/直

ALT

「ただ」には
・直
・唯/只
の用法があり、それぞれ意味が異なる。ここでは「直」の用法について解説を行う。

※参照:唯/只の用法
副詞

意味1

直接に

[出典]:関白殿二月二十一日に 枕草子
「紅の御衣三つばかりを、ただ御直衣に引き重ねてぞ奉りたる。」

[訳]:紅のお着物三枚ほどを、直接直衣に重ねてお召になっています。


意味2

(距離的・時間的に)
すぐ、ちょうど

[出典]児のそら寝 宇治拾遺物語
「うれしとは思へども、ただ一度にいらへむも、 待ちけるかともぞ思ふとて...」

[訳]:嬉しくは思うのですが、すぐ一度の呼びかけで返事をすると、(呼ばれるのを)待っていたと(僧たちが)思うかもと思い...


意味3

ちょうど〜のようだ、まるで〜のようだ

[出典]:古今和歌集
「神無月時雨にぬるる紅葉はただ人の袂なりけり」

[訳]:十月の時雨に濡れる紅葉は、まるで悲しみにくれる人の袂のようであったことよ

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 445 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。