新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「まばゆし/目映し/眩し」の意味・解説【形容詞ク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
まばゆし/目映し/眩し

ALT

形容詞・ク活用

未然形まばゆくまばゆから
連用形まばゆくまばゆかり
終止形まばゆし
連体形まばゆきまばゆかる
已然形まばゆけれ
命令形まばゆかれ


意味1

まぶしい

[出典]花山院 大鏡
「さやけき影を、まばゆく思し召しつるほどに、月の顔にむら雲のかかりて、少し暗がりゆきければ...」

[訳]:明るくてはっきりしている月の光をまぶしくお思いになっている間に、月にむら雲がかかって、少し暗くなったので...


意味2

まぶしいほど立派である、まぶしいほど美しい

[出典]:葵 源氏物語
「いとまばゆきまでねびゆく人の容貌かな。」

[訳]:本当にまぶしいほど美しいほどに成長していく人(源氏)のお姿だなあ。


意味3

きまりが悪い、恥ずかしい、照れくさい

[出典]宮に初めて参りたるころ 枕草子
「高坏に参らせたる大殿油なれば、髪の筋なども、なかなか昼よりも顕証に見えてまばゆけれど、念じて見などす。」

[訳]:高坏にお灯しして差し上げさせた火なので、(私の)髪の筋などが、かえって昼(間の時間帯)よりも際立って見えて恥ずかしいのですが、(気恥ずかしいのを)我慢して(中宮様の出した絵を)拝見したりします。


意味4

度が過ぎて見ていられない

[出典]桐壷 源氏物語
「上達部、上人なども、あいなく目をそばめつつ、いとまばゆき人の御おぼえなり。」

[訳]:上達部や殿上人たちも、(そのご様子を)感心しないことだと思って目をそむけており、とても見ていられないほどのご寵愛ぶりです。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,907 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。