新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「わりなし」の意味・解説【形容詞ク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
わりなし

ALT

形容詞・ク活用

未然形わりなくわりなから
連用形わりなくわりなかり
終止形わりなし
連体形わりなきわりなかる
已然形わりなけれ
命令形わりなかれ


意味1

道理に合わない、分別がない

[出典]桐壷 源氏物語
「おぼえいとやむごとなく、上衆めかしけれど、わりなくまつはさせ給ふあまりに...」

[訳]:世間の評判は並大抵ではなく、高貴な人らしい様子でしたが、(帝が)分別なく絶えずお側にいさせなるので...


意味2

どうしようもなくつらい、耐え難い、苦しい

[出典]若菜上 紫式部
わりなき心地の慰めに、猫を招き寄せてかき抱きたれば...」

[訳]どうしようもなくつらい気持ちの慰めに、猫を招き寄せて抱きしめていると...


意味3

どうしようもない、なすすべがない

[出典]宮に初めて参りたるころ 枕草子
「手にてもえさし出づまじう、わりなし。」

[訳]:(私は)手さえも差し出すことができないほど(気恥ずかしく)どうしようもない状態でいます。


意味4

はなはだしい、特別に、ひどい

[出典]:清涼殿の丑寅のすみの 枕草子
「ひが覚えをもし、忘れたる所もあらば、いみじかるべきことと、わりなうおぼし乱れぬべし。」

[訳]:(和歌の)記憶違いをしていたり、忘れている部分でもがあれば、大変なことだと、きっとひどくお心がお乱れになるに違いない。


意味5

特別に優れている、素晴らしい

[出典]:千手前 平家物語
「見目、心ざま、優にわりなき者にて候とて...」

[訳]:容貌や、気立てが、優雅で素晴らしい者ですといって...


意味6

無理にする様、強いてする様

[出典]:徒然草
「人の後ろにさぶらふは、様あしくも及びかからず、わりなく見むとする人もなし。」

[訳]:人の後ろに控えている者は、みっともなく前にのしかかったりはせず、無理に見ようとする者もいない。


意味7

親しい、懇意である、いじらしい

[出典]:徒然草
「降り積む雪の下にうづもれて、春を忘れぬ遅桜の花の心わりなし。」

[訳]:降り積もる雪の下に埋もれても、春を忘れずに咲く遅桜の心は実にいじらしい

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,642 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。