新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「はしたなし/端なし」の意味・解説【形容詞ク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はしたなし/端なし

ALT

形容詞・ク活用

未然形はしたなくはしたなから
連用形はしたなくはしたなかり
終止形はしたなし
連体形はしたなきはしたなかる
已然形はしたなけれ
命令形はしたなかれ


意味1

どっちつかずだ、中途半端だ
不似合いだ、不釣り合いだ

[出典]初冠 伊勢物語
「思ほえず、ふる里にいとはしたなくてありければ、心地まどひにけり。 」

[訳]:思いもよらず(このような寂れた)旧都に、不釣り合いな様子で(美しい姉妹が)いたので、(男は)心を乱してしまいました。


意味2

きまりが悪い、みっともなくて恥ずかしい

[出典]はしたなきもの 枕草子
「あはれなることなど、人のいひ出で、うち泣きなどするに、げにいとあはれなりなど聞きながら、涙のつと出で来ぬ、いとはしたなし。」

[訳]:しみじみと心打たれることなどを、人がし出して、(その人が)ふと泣いたりなどする時に、なるほどとても気の毒だと聞きながら、涙がすぐに出てこないことは、とてもきまりが悪い


意味3

そっけない、無愛想だ

[出典]:常夏 源氏物語
はしたなくも、なさし放ちたまひそ...」

[訳]そっけなくも、放っておいたりはなさらないように...


意味4

失礼である、不当である

[出典]:手習 源氏物語
「...とて、さらに聞きたまはねば、『はしたなきことなり。』とて...」

[訳]:...と言って、まるでお聞きにならないので、「(返事をしないのは)失礼なことだ。」 と言って...


意味5

はなはだしい、激しい

[出典]:宇治拾遺物語
「雨風はしたなくて、帰るに及ばで、山の中に、心にもあらずとまりぬ。」

[訳]:雨風が激しくて、帰ることができず、山の中に、思いがけなく泊まった。


備考

「はしたなう」は連用形「はしたなく」のウ音便。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,558 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。