新規登録 ログイン

2_80 動詞以外の品詞 / 1年:冠詞

aとanの使い分け

著者名: ほりぃ
Text_level_1
マイリストに追加
aとanをどうやって使い分けるのか

This is a pen.
This is an apple.

このような例文があったとします。それぞれ

①これはペンです。
②これはりんごです。

と訳すことができますが、penの前にはaがつき、appleの前にはanがついています。この違いは何なのかについて説明をしたいと思います。
単語によって使い分けされる

複数形ではなく単数のときにaやanを使うのはご存知ですよね?
結論から言うと『aは子音で始まる単語、anは母音で始まる単語の前につけます。
日本語と同じように、母音とはaiueo(あいうえお)のことで、子音とはそれ以外を指します。

aiueoで始まる単語にはanをつける


では最初の例文に戻ってみてみましょう。

①の場合、penは子音(p)から始まる単語ですのでaがつきます。
②の場合、appleは母音(a)から始まる単語なのでanがつきます。

他にいくつか例をあげてみましょう。

aがつくものcap(帽子)、cup(コップ)、dog(犬)、pencil(鉛筆)
anがつくものegg(卵)、eye(目)、orange(オレンジ)



いかがでしたでしょうか。
次回は、aやanはどのような時に使うのという点について説明をしてみたいと思います。

Tunagari_title
・aとanの使い分け

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『中学英語 自由自在』受験研究社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 86,583 pt 
 役に立った数 269 pt 
 う〜ん数 20 pt 
 マイリスト数 33 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。