新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「こころもとなし/心許なし」の意味・解説【形容詞ク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
こころもとなし/心許なし

ALT

形容詞・ク活用

未然形こころもとなくこころもとなから
連用形こころもとなくこころもとなかり
終止形こころもとなし
連体形こころもとなきこころもとなかる
已然形こころもとなけれ
命令形こころもとなかれ


意味1

待ち遠しい、じれったい

[出典]更級日記 菅原孝標女
「はしるはしる、わづかに見つつ、心も得ず心もとなく思ふ源氏を...」

[訳]:(これまで)胸をわくわくさせながら、(部分的に)少し読んでは、(ストーリーが)よくわからずにじれったく思っている源氏物語を...


意味2

気がかりだ、不安だ、落ち着かない

[出典]土佐日記 紀貫之
「苦しく心もとなければ、ただ日の経ぬる数を...」

[訳]:苦しく不安で落ち着かないので、ただ日が過ぎていくのを...


意味3

はっきりしない、ぼんやりとしている、ほのかに

[出典]枕草子 清少納言
「花びらの端に、をかしきにほひこそ、心もとなうつきためれ。」

[訳]:花びらの端に、美しい色つやが、ほのかについているように見える。

※「こころもとなう」は「こころもとなし」の連用形のウ音便。


意味4

不十分である、不満である

[出典]:源氏物語 紫式部
「少納言がもてなし、心もとなき所なう...。」

[訳]:少納言の取り計らいは、不十分なところもなく...


備考

「こころもとなう」は「こころもとなし」の連用形のウ音便。


Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,796 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。