新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「おはす/御座す」の意味・解説【サ行変格活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
おはす/御座す

ALT

サ行変格活用

未然形おはせ
連用形おはし
終止形おはす
連体形おはする
已然形おはすれ
命令形おはせよ


意味1:自動詞

(あり/居りの尊敬語で)
いらっしゃる、おありになる

[出典]竹取物語
「我、朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて知りぬ。」

[訳]:私が毎朝、毎晩みている竹の中にいらっしゃるので理解した。


意味2:自動詞

(行く/来るの尊敬語で)
お出かけになる、いらっしゃる、おいでになる

[出典]伊勢物語
「かかるほどに、門をたたきて、「くらもちの皇子おはしたり」と告ぐ。」

[訳]:こうしているうちに、かぐや姫の家の門をたたいて、「くらもちの皇子がいらっしゃいました。」と従者が告げました。


意味3:補助動詞

〜でいらっしゃる
※この用法の場合、活用語の連用形、または、それらに「て」のついた形について尊敬を表す。

[出典]徒然草 兼好法師
「年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ...」

[訳]:長年心にとめていたことを果たしてきました。耳にしていたものにまさって尊くていらっしゃいました...


「おはす」と「おはします」の違い

「おはす」は「おはします」よりも敬意が低い。また、「おはす」がサ行変格活用であるのに対し、「おはします」はサ行四段活用。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,148 pt 
 役に立った数 5 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。